世界中の女性たちのあいだで話題となっている美容オイル「ココナッツオイル」

日本では数年前からオイルによる美容法が30代から40代の女性を中心にブームとなっていますが、その火付け役となったのが「ココナッツオイル」だと言われています。

ココナッツオイルといえば、世界中の女性たちが憧れるカリスマモデルのミランダ・カーさんをはじめ、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんやグエネス・パウトロウさん、若い女性を中心に絶大な人気を誇るモデルのローラさん、日本を代表するカリスマモデルの道端ジェシカさんなど大勢の女性芸能人たちのあいだで愛用されている植物由来のオイルなのですが、なぜここまで人気があるのかと気になっている方も多いのではないでしょうか。

ココナッツオイルとは

カリスマモデルのミランダ・カーさんに「これ無しでは生きて行けない」と言わせてしまうほど、美容に関する優れた効果や効能が期待されているココナッツオイルは、アフリカや中南米、太平洋に浮かぶ島々など熱帯地方に生息するヤシ科の1種であるココ椰子に実る果実「ココナッツ」を低温圧搾や溶剤などの抽出法を用いて作られるオイルのことです。

日本では、主にアルツハイマー型認知症の予防や動脈硬化や肥満などの生活習慣病の予防、便秘解消といった健康維持を目的に摂取されることが多いのですが、海外では健康維持の他にも美肌効果や乾燥肌対策、妊娠線の予防などの美容に関する目的で用いられることも多いそうです。

ほんのりとココナッツの甘い香りを漂わせる独特な味わいを持つココナッツオイルは、優れた浸透力とサラリとした使い心地で多くの女性たちから人気を集めています。

ただ、ココナッツオイルは脂性肌向けの美容オイルとなっておりますので、敏感肌や乾燥肌の方にはオススメできません。

また、個人の体質や体調などによってアレルギーを引き起こすことがあります。もし、ココナッツオイルを直接お肌や毛髪などに使用したいという場合は、必ずパッチテストを行ってから本格的な使用を始めるようにしてください。

ココナッツオイルに含まれる成分

オリーブオイルやホホバオイル、アボカドオイルなど美容に関する効果や効能が期待されているオイルは、現在分かっているだけで実に30種類存在すると言われていますが、その数あるオイルのなかで圧倒的な人気を誇っているのが「ココナッツオイル」です。

ココナッツオイルが多くの女性たちから人気を集めている理由、それはオイルのなかでも大変珍しい「飽和脂肪酸」と呼ばれるカテゴリーに属しているからだと考えられています。

ココ椰子の種子にあたる核果の胚乳から作られるココナッツオイルには、動物由来の油脂に代表される飽和脂肪酸が50%以上含まれているのですが、含有されている脂肪酸のほとんどが中鎖脂肪酸であるため、体内に脂肪として蓄積されず、エネルギーとして効率良く燃焼されてゆきますので、ダイエット効果が得やすいと言われています。

ココナッツオイルには、飽和脂肪酸の他にも、

・ビタミンE (αトコフェノール)
・βトコフェノール
・δトコフェノール
・ビタミンK (フィロキノン)
・鉄
・亜鉛
・コリン
・ガリウム酸

など、様々な栄養成分が含まれています。

ココナッツオイルは、他の植物由来のオイルとは異なり、飽和脂肪酸を主成分としているため、口にしたときの満腹感が得やすく、お肌に直接塗ったときにふわりと薫る甘い匂いが疲れた心を癒してくれます。

ただ、ラウリン酸は経皮摂取にはやや刺激が強いとも言われておりますので、敏感肌や乾燥肌の方がココナッツオイルをお肌に直接塗って使用する場合は、1度信頼できる医師に相談して使い始めるようお願いします。

ココナッツオイルに期待できる美容効果

保湿効果

ココナッツオイルに含まれるビタミンEの働きにより、お肌の乾燥を防ぎながら保湿を行うことができると言われています。

また、ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とも呼ばれており、お肌への馴染みが良く、乾燥して硬くなってしまったお肌を柔らかくする効果も期待できますので、お肌の奥深くにある角質層まで保湿成分を届けることができます。

エイジングケア

エイジングケアは年齢に応じて行う必要があるのですが、何から始めたら良いのか分からない方や何となく年齢を感じるようになった方は、中鎖脂肪酸を豊富に含むココナッツオイルを直接お肌に塗って、肌環境を整えることから始めてみてはいかがでしょうか。

お肌を柔らかくする

ココナッツオイルにはお肌を柔らかくし、古くなった角質を取り除く効果を期待することができます。
固形のココナッツオイルをお肌の上に乗せると、体温で徐々に溶けてゆきますので、ボディマッサージで古くなった角質を取り除き、美肌へと導いてゆきましょう。

日焼け効果

ココナッツオイルは他のオイルとは異なり、紫外線をカットする効果はあるのですが、日焼けを防止する効果はありません。

ですが、お肌をこんがり小麦色に焼くためのサンオイルとしての効果は期待できますので、この夏キレイに焼きたいとお考えの方にはオススメです。

まとめ

ココナッツオイルは植物由来のオイルの中ではとても珍しい飽和脂肪酸を主成分とするオイルです。
特に母乳にも含まれている「ラウリン酸」の含有量が高いため、泡立ちの良い石鹸を作る際には欠かせません。

しかし、ラウリン酸を入れ過ぎてしまうと、お肌への刺激が強過ぎてサッパリし過ぎてしまうため、ココナッツオイルを石鹸作りに用いる際は、全体の30%ほどに留めて置くのがポイントとなります。

・最近お肌に年齢を感じるようになった方
・脂性肌に合う美容オイルを探している方
・身体の内側と外側からキレイになりたい方
・手作りコスメにはまっている方

この機会にココナッツオイルを1つ購入してみてはいかがでしょうか。

オイルを用いた美容法を実践する際、オイル使用者の肌質や体質、オイルの抽出方法、使い心地や得られる効果や効能などを事前にしっかりと調べてから行うが基本となるのですが、現在30種類を越す美容オイルが市場に出回っているため、その中から1つ1つ自分に合うオイルを探し出すのはとても大変なことです。

ココナッツオイルが入った石鹸はこちら >>

TOPページへ戻る

Copyright © イーテック All Rights Reserved.